長野メンズ脱毛お役立ちコンテンツ

脱毛前の自己処理はなぜ必要?

更新日:

脱毛を行う前に自己処理をしないといけないこと、皆さんご存知ですか?

※ニードル脱毛の場合は、毛が伸びていないといけないので自己処理不要

サロン、クリニックによっては毛の処理をしてくれるところもありますが、追加料金を取られる場合や毛が生えている所だけ脱毛を断られてしまうケースがあります。

今回はそのようなトラブルを回避する為に、脱毛前の自己処理についてご説明させて頂きます。

 

なぜ剃ってから行かなければならないのか?

ひげ脱毛目安回数

毛が伸びている状態では脱毛の光が当てられません。

光は毛の黒色(メラニン色素)に作用します。

しかし、剃れていない表面の毛が、光が出る照射面に押しつぶされ、毛が燃えてしまい火傷の原因に繋がります。

毛は毛根まで光の熱を届けるための役割、いわば導火線のようなものです。

「毛を作る細胞」に光の熱を正しく届けるために、ムダ毛処理は欠かせません。

 

自己処理のタイミングは前日がベスト

前日に自己処理を行い、次の日に1、2mmくらい伸びた状態で脱毛を行うことが一番ベストです。

剃毛の時の肌への負荷も考えて、1日肌を休ませて安全に脱毛が行えます。

ただし、深剃りや逆剃りをしてしまうと肌に負担がかかって、脱毛の痛みを強く感じる場合があります。

また、毛抜きでの処理は毛と毛を作っている細胞を引き離してしまい、脱毛効果がなくなるのでこれらの行為は控えましょう。

※ニードル脱毛は毛が生えているところから毛穴を判断して脱毛を行わなければならない為、自己処理は不要です。

 

自己処理の方法を紹介!

男性に人気の3つの自己処理方法について解説しています。

1.電気シェーバー(スティックタイプ)

I字シェーバー

男性の髭を剃る時の大きいシェーバーを連想する方もいるかもしれませんが、スティック型の持ち運びできるタイプのものです。

一般的に女性の産毛を剃るときに用いられるシェーバーですが、男性の体毛であれば十分に自己処理が可能です。

肌の負担が少ないことから、メンズ脱毛前に一番適した自己処理方法です。

おすすめの理由

  • 肌への負担が少ない
  • 自己処理に時間がかからない
  • 誰でも簡単に行える

また、シェービングフォームなどは不要です。

※シェービングフォームは肌が乾燥していると感じた時は使用しましょう。

できれば、ひげが薄くてこのシェーバーでそれそうであれば、お試しください。

正直とっても楽ですよ。

 

2.電気シェーバー

電動シェーバー

主にひげや陰部の「電気シェーバー(スティックタイプ)」で剃りづらかった箇所をこちらの電気シェーバーで処理して行きましょう。

※毛が薄ければ「電気シェーバー(スティックタイプ)」の方がいいです。

本体はもちろん、替え刃など交換する費用を考えると金額は高いですが、毛質が濃くて硬い毛を楽に剃ることができます!

「電気シェーバー(スティックタイプ)」同様にシェービングフォームなどは不要で楽チン。

 

3.T字カミソリ

T字カミソリ

男性はヒゲを剃る時に用いる定番アイテムで、使い慣れているという方が大半かと思います。

しかし、刃は保護されておらず、肌への負担があるので、シェービングフォームをつけて、肌を傷つけないように配慮するといった手間がかかります。

また、毛抜きほどではないものの肌を傷つけることで埋もれ毛の原因にもなりやすいので、注意が必要です。

 

その他にも除毛クリームやすきバサミといった自己処理方法がありますが、今回は脱毛に適した自己処理方法のみをご紹介いたしました!

ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

まとめ

シェービングせずに、脱毛サロンにいって、脱毛を断られてちょっと気分を悪くしたこともあります。

でも、最初にしっかりと説明してくれてましたし、自分勝手だったなと反省しています。

これからメンズ永久脱毛を始めようと思っている男性は、お気をつけてくださいね!

この記事が、すこしでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

 

-長野メンズ脱毛お役立ちコンテンツ

Copyright© 【長野版】メンズ脱毛ランキング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.